井口商店街

 井口地区は住民の高齢化が進み、商店街の経営者の後継ぎ不足も問題になっています。そうした中、「地域の縁の下の力持ち」的な役割を果たすために、町内会などとも協力しながら活動を行っています。以前は2年に1回、他都市の商業施設に視察・研修旅行に行っていました。これまで訪れた商店街は別府や小倉、明石、境港などです。成功している商店街だけでなく、苦労を重ねている商店街も積極的に回りました。
 現在は日ごろのご愛顧に感謝して、歳末大売り出しの際に、お買物券が当たるスピード三角くじを実施しています。地域には井口高校、広島工業大学高校、広島修道大学附属鈴峯女子中・高校など多くの学校もあり、近くの電停は学生たちで賑わっています。
 
 
 

商店街プロフィール

名称 広島市井口商店街振興組合
設立 1981年
会員数 33(2017年12月末現在)
アクセス 広島電鉄「商工センター入口」「井口」「修大附属鈴峯前」電停、JR「新井口」駅、
市内バス「鈴が台」「井口台中央」停留所ほか

 

【商店街周辺MAP】

 
【Photo Gallery】

 
▲大歳神社                    ▲小己斐島(小己斐明神)


▲井口電停裏通りの壁画

イベント情報

[12月]
歳末セール
各店舗で三角クジを実施。商店街の各店舗で使えるお買物券がその場で当たります。

 

これ知っとる?

大歳神社 井口の総氏神で、1000年近くの歴史があるとも伝えられている神社です。境内には樹齢400年を超えるムクノキなどが今も残っています。
史跡 小己斐島(小己斐明神)
かつて井口沖が海だった頃、男明神・女明神と呼ばれていた2つの島があり、夫婦島として有名でしたが、国道2号線の建設による埋め立てで男明神島、現在の小己斐島だけが残りました。「井口明神」の地名の由来にもなっています。
井口電停裏通りの壁画 社会福祉協議会の要請を受け、平成26年9月に井口中学校美術部によって製作、設置された壁画。平成26年度「広島グッドチャレンジ賞」を受賞しました。

 

イチオシ情報!

井口エリア
 
 
 井口商店街は、まさに「井口エリア」と言われるほどの広い面積を持っています。広電宮島線の井口電停と修大附属鈴峯前電停のどちらで降りても井口商店街となります。さらに北に進むと、西広島バイパス(2号線)を越えたところまで、その範囲に入ります。
 鈴が台団地が造成され、商店街のなかに住宅地が共存する、「商業」と「住居」が一体となったエリアです。広範囲に分散し、その広さのために商店街としての統一感が出しにくいという面も指摘されますが、広さ故に多くの人たちのニーズに応えることができる利点もある、と期待されています。「井口エリア」内には、チューリップをかたどった電灯22基も設置し、地域の犯罪防止の面からも効果を上げています。

 

ぶらり商店街 バックナンバー

広島商工会議所 会報誌「Hiroshima」に連載中の、商店街の魅力的な個店を紹介する特集「ぶらり商店街」。
こちらには井口商店街を特集した回のバックナンバーをPDFで掲載しています。(クリックで表示)
なお、各店舗の情報については掲載当時のものですので、あらかじめご了承下さい。
 
・ 2013年9月号「ぶらり商店街」Vol.12  1ページ(1.62MB) 2ページ(1.79MB)
・ 2016年9月号「ぶらり商店街」Vol.40  1ページ(1.69MB) 2ページ(1.98MB)
 


大きな地図で見る

  • 部会
  • 委員会
  • 女性会
  • 青年部
  • 支店長会
  • 広島県働き方改革実践企業認定制度
  • WEBセミナー
  • 西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会
  • 中四国セントラルルート地域連携軸推進協議会
  • 生命共済制度
  • 個社支援事例
  • チェンバーウェブ
  • 働く女性応援隊ひろしま
  • TPP交渉国民会議
  • 日本商工会議所TPP協定交渉
  • 商工会議所の秘密
  • 広島市域中小企業支援ナビ