G7広島サミット開催に関する要望

広島サミット県民会議(会長:広島県知事、副会長:広島市長、広島県商工会議所連合会会頭)では、去る10月5日、湯﨑英彦広島県知事、松井一實広島市長、池田晃治広島県商工会議所連合会会頭の3者にて、首相官邸及び外務省を訪問し、岸田文雄内閣総理大臣、林芳正外務大臣に対して、G7広島サミットの開催に関する要望を行いました。
本要望では、被爆の実相に触れる機会の確保や若者の参加機会の確保、広島県産の食材や工芸品をはじめとする県産品の積極的な活用、県内事業者の積極的な活用について求めました。
広島サミット県民会議では、引き続きG7広島サミットを成功へと導くための諸活動を展開していくこととしています。
(要望活動の詳細については、広島サミット県民会議事務局ホームページもご参照ください。)

岸田総理大臣と要望者一行 林外務大臣と要望者一行


PDFが表示されない方はPDFアイコンコチラから

本件に係る連絡先

広島商工会議所 産業・地域振興部 産業振興課
TEL (082)222-6651・FAX (082)222-6411

関係機関からのお知らせ

  • WEB会員名簿
  • 部会
  • 委員会
  • 女性会
  • 青年部
  • 支店長会
  • 広島商工会議所建設業部会「建設産業魅力発信事業」
  • WEBセミナー
  • 西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会
  • 広島湾ベイエリア・海生都市圏研究協議会
  • 生命共済制度
  • 個社支援事例
  • 働く女性応援隊ひろしま
  • 商工会議所の秘密
  • 広島市域中小企業支援ナビ