経営革新計画策定支援

広島商工会議所では、中小企業の皆様の新たな事業活動へのチャレンジ(経営革新)を支援するため、中小企業等経営強化法に基づく「経営革新計画」策定の支援を行っています。

消費者ニーズの多様化、価格競争の激化、情報化など、中小企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。企業は、消費者のニーズに合った新商品・新サービスの開発などにより、経営の向上(経営革新)を図っていく必要があります。

これまでに培った経営ノウハウや技術を生かし、新分野への進出や経営基盤の強化を図りたいと思っている方はぜひご相談ください。

「経営革新計画」とは?

事業者にとって新たな事業活動であり、次の各類型の事業を含むものが経営革新計画となります。

①新商品の開発または生産
②新役務の開発または提供
③商品の新たな生産または販売の方式の導入
④役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動

経営革新計画の経営目標として、次の2つの指標が3~5年で、一定の伸び率以上の目標を立てる必要があります。

①付加価値額または一人あたりの付加価値額の伸び率
②経常利益の伸び率

※経営革新計画として承認されるためには、計画期間である3~5年のそれぞれの期間終了時における伸び率がポイントとなります。それぞれの計画期間終了時における経営指標の目標伸び率は次のとおりです。

計画終了時 付加価値額または
一人あたりの付加価値額の伸び率
経常利益の伸び率
3年計画の場合 9%以上 3%以上
4年計画の場合 12%以上 4%以上
5年計画の場合 15%以上 5%以上

※計画の承認は、支援措置を保証するものではなく、計画の承認後、それぞれの支援機関等における審査が別に必要となります。

■経営革新計画を作成し、都道府県に申請し承認を受けると、低利融資や税制上の特典など、各種の支援策を受けることができます。

支援策

①県費預託融資制度(民間金融機関を通じた低利融資)
②信用保証協会による信用保証の特例
③政府系金融機関による低利融資制度
④高度化融資制度
⑤食品流通構造改善機構による債務保証
⑥中小企業投資育成株式会社の特例
⑦研究開発型中小企業に対する特許関係料金減免制度
⑧海外展開に伴う資金調達に対する支援措置
⑨販路開拓コーディネート事業
⑩中小企業総合展
⑪フォローアップ事業
⑫新事業分野開拓事業者の認定制度

 

経営革新計画で戦略的な事業展開を!

【 詳しくはこちらをご覧ください 】

PDFデータはこちらPDFアイコン経営革新支援事業内容(H30)からご覧ください





【 経営革新の詳細につきましては、広島県のHPをご覧ください 】
広島県 経営革新課

本件に係る連絡先

広島商工会議所 中小企業振興部 経営支援チーム
TEL (082)222−6691・FAX (082)222−6006

  • 部会
  • 委員会
  • 女性会
  • 青年部
  • 支店長会
  • 広島県働き方改革実践企業認定制度
  • WEBセミナー
  • 西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会
  • 中四国セントラルルート地域連携軸推進協議会
  • 生命共済制度
  • 個社支援事例
  • チェンバーウェブ
  • 働く女性応援隊ひろしま
  • TPP交渉国民会議
  • 日本商工会議所TPP協定交渉
  • 商工会議所の秘密
  • 広島市域中小企業支援ナビ