平成30年4月から無期労働契約への転換申込みが本格化します!【広島労働局】

 平成25年4月に施行の改正労働契約法第18条で規定された無期転換ルールは、雇止めなどの不安を解消し、安心して働ける社会を実現することで、労働者は長期的なキャリア形成を図ることができ、企業にとっては優秀な人材の確保が可能となるものです。
 しかしながら、法律に基づく無期転換申込権が本格的に発生する平成30年4月まで残り5ヵ月となりますが、企業における無期転換ルールの認知度や対応状況は十分とはいえず、雇止めの発生も懸念されます。4月以降、トラブルの発生を未然に防ぐためにも、無期転換ルールへの対応が喫緊の課題となっています。
 無期転換ルールへの対応にあたっては、様々な検討事項を踏まえて関係諸規定を整備する必要があり、一定の時間を要します。まだ準備が進んでいない企業におかれましては、早急な対応をお願いいたします。

PDFが表示されない方はPDFアイコンコチラから

本件に係る連絡先

広島労働局 雇用環境・均等室
TEL (082)221−9247

関係機関からのお知らせ

  • 部会
  • 委員会
  • 女性会
  • 青年部
  • 支店長会
  • 広島県働き方改革実践企業認定制度
  • WEBセミナー
  • 生命共済制度
  • 個社支援事例
  • チェンバーウェブ
  • 働く女性応援隊ひろしま
  • TPP交渉国民会議
  • 日本商工会議所TPP協定交渉
  • 商工会議所の秘密
  • 広島市域中小企業支援ナビ