「トランプ新政権でNAFTAはどうなるか ~北米戦略の方向性を探る~」(5/29)

アメリカ合衆国、カナダ、メキシコの3カ国により1994年1月に発効した「NAFTA(北米自由貿易協定、North American Free Trade Agreement)」は、一大自由貿易市場の形成を目指した協定であり、カナダ・メキシコからアメリカ合衆国へ自動車部品を輸出する場合、NAFTAの原産地規則を満たせば、米国での輸入関税はゼロになるなど、日本企業が北アメリカへ進出する上で最も重要な貿易協定と言えます。
本講演会では、「アメリカ第一主義」を掲げてNAFTA再交渉をはじめとする通商協定の見直しを打ち出すトランプ新政権における北米戦略の今後の方向性について、国際貿易投資及び米国・カナダ経済の専門家から解説いただきます。

日時 平成29年5月29日(月)14:00~16:00
場所 広島商工会議所 1階 101号室
講師 (一財)国際貿易投資研究所 研究主幹 高橋 俊樹氏
定員 100名(先着順、参加料無料、聴講券は発行いたしません。)
主催 広島商工会議所、(公財)ひろしま産業振興機構


160629usahanro
PDFが表示されない方はPDFアイコンコチラから

本件に係る連絡先

広島商工会議所 産業・地域振興部 産業振興チーム
TEL (082)222-6651・FAX (082)222-6411

  • 部会
  • 委員会
  • 女性会
  • 青年部
  • 支店長会
  • WEBセミナー
  • 個社支援事例
  • 生命共済制度
  • チェンバーウェブ
  • 働く女性応援隊ひろしま
  • TPP交渉国民会議
  • 日本商工会議所TPP協定交渉
  • 商工会議所の秘密
  • 毎月第3金曜は、日商PC検定の日!!
  • 広島市域中小企業支援ナビ